« 10月25,26日 川の学校 大人も参加できる川ガキキャンプ | トップページ | 1月24,25日 「川の学校」 冬の強化合宿 美濃~郡上八幡サイクリングツアー »

晩秋のカヌーツアー北山川、熊野川キャンプツーリング

今年も恒例の晩秋のカヌーキャンプツーリングに行ってきました。

今回は北山川、熊野川キャンプツーリングです。
今回は棚瀬さんが参加してくれました。
スタッフは事前に買い出ししましたが少し時間があまりプチ観光へ・・・
これが後々あだとなりました
新宮駅で待ち合わせ。
Pb223275
名古屋から3時間半やはり熊野は遠いですね。
Pb223277
よく、カヌーで川下りをしていて回送をどうするのかと聞かれますが車が2台の場合は上流と下流に置いて回送します。
1台の時は他の交通機関を車がない時でもなんとかなるもんです。
今回は下流にウオータージェット船の乗り場の志古に置きます。
Pb223278
左に見えるのがウオータージェット船です。
そこからの車の道のりがすごいです。
狭くてすれ違いが大変です。
しかもダンプやミキサーも通るのでハンパないです。
そうこうするうちに田戸に到着です。
Pb223280
すごいところです。
このくだりを見て以前ここからのスタートを断念したことがあります
Pb223281
写真じゃわからないですが瀞八丁はスケールがデカいです。
Pb223290
ウオータージェット船もやってきました。
Pb223286
荷物を降ろしていきます。
Pb223285
これで3分の2くらいの量です。
ここでカヌーを組み立てパッキングをしていきます。
この場所は実は3県跨ぎの場所でスタート地点は奈良県なんです。
Pb223292
すごいところに来てしまいましたね。
Pb223293

棚瀬さんは若かりし頃カナダでシーカヤックを作ってきたという経歴の持ち主で、
現在もご家族でカナディアンに乗って楽しんでいらっしゃるとのことです。
リバーツーリングは初めてということです。
ようやく組みあがりました。
Pb223295
いよいよスタート。
荷物を積むとこんな感じになります。
Pb223300
一体何を積んでいるのでしょうか?
Pb223298
地獄で会おう
Pb223310
あそこに見えるのが瀞ホテルです。
今は食堂をやられているみたいです。
Pb223309
棚瀬さん、初挑戦です。
Pb223315
いよいよ瀞峡へ
Pb223319
このスケール、迫力満点です
Pb223316
デカすぎてカメラに収まり切れません。
漕ぎ出すと棚瀬さんも余裕が出てきました。
Pb223328
カナディアンもやられてるのでパドルさばきが素晴らしいです。
Pb223334
ゆったりと時間が流れていきます。
パドルを川に入れるときの音以外聞こえません。
その時下流からプーッという汽笛が聞こえてきました。
静粛を打ち破るやつがやってきました。
Pb223341
狭いところですれ違うと迫力があります。
Pb223345
瀞峡を越えると視界が広がってきました。
ここからは少し瀬も絡んできます。
Pb223349
岩がらみや険悪な感じなく気持ちの良い瀬が続きます。
Pb223367
瀬と瀞場が交互にやってきます。
Pb223370
本と気持ちの良い川ですね。
Pb223408
玉置口前のちょっとした瀬です。
以前はここからスタートしています。
Pb223414
その後も快適な瀬が続きます。
Pb223429
だんだん日も暮れてきましたね。
Pb223444
棚瀬さん、決まっています。
Pb223447
これぐらいの瀬では何ともありません。
実は粗沈を期待してたんですが・・・
Pb223459
快適に下っているとまたやつがやってきました。
Pb223467
結構な波になりしかも返し波もあるので少しは注意が必要です。
Pb223484
そろそろよい時間になってきたんで寝床を探します。
Pb223475
ちょうど川が90度位に流れているところで今夜はキャンプをします。
キャンプ地に関してはいろいろ条件がありますが最終的には勘ですね。
Pb223492
上陸です。
お疲れ様でした~
テントを設営し薪を集め食事の準備です。
Pb223496
今夜は超豪華海鮮&鶏肉鍋です。
鍋に具材が入りきりません。
しまった、刺身の写真を撮り損ねた・・・
暗くなって冷えてきました。
Pb223515
焚火で暖を取ります。
Pb223501
こっから先はおやじトークがさく裂しかなり遅くまで飲みました
満点の星がすごかったです。
写真を撮ったような気がしましたが・・・映ってないです
翌朝、朝霧が出ていました。
Pb233516
かなり冷え込んでいます。
Pb233521
英国紳士の集まりの川の学校では朝はこれです。
これが暖まるんです。
がしかし、ラベルを何気に読んでいると・・・
Pb243664
あれれ、マジですか
Pb243665
賞味期限が・・・
3年近く・・・
切れています
謀ったなシャア!!
2
いや、謀ったなオークワ新宮駅前店!!
と言っても誰も腹痛が起こるわけでもなく問題ナッシングでした。
まあ文句を言っても・・・
3
シャアに「坊やだからさ」と言われるだけでしょうが・・・
Pb233524
朝ごはんは鍋の残りとホットサンドです。
これで体が温まりました。
ご飯を食べた3人はそれぞれキジ撃ちに出かけます。
そうこうするうちに朝の船が通り過ぎます。
Pb233525
中々お日様が出てきませんでしたが。
Pb233527
天日干ししてギアを乾かします。
Pb233528
ゆっくりとパッキングして出発します。
2日目のスタートです。
Pb233530
山の間を気持ちよく下っていきます。
Pb233531
のんびり漕いでいるとやつらはやってきます。
Pb233547
くま、ピーンチ
Pb233551
次は2艇そろってやってきました。
Pb233557
波のパワーも2倍になります。
Pb233561
その後も快適な瀬が続きます
Pb233563
奴さえいなければ快適なんですがね。
適度な瀬は楽しみの一つです。
撮影するの、実は少しちびりながらやってました
Pb233584
お昼の休憩地点まであっという間でした。
Pb233597
ここで上陸です。
Pb233622
実は棚瀬さん明日は仕事ということでここでバスに乗って帰ります。
Pb233598
昼食準備の間棚瀬さん他の艇にも乗ってみます。
Pb233608
乗り比べてみました。
Pb233603
やはり普段カナディアンカヌーに乗られているのでカナディアンタイプのアウトサイドが漕ぎやすいと言っていましたね。
視線の位置がだいぶ違いますからね。
そうするうちにお昼御飯です。
Pb233619
お昼は大量の高級鶏肉入り煮込みラーメンです。
ここにキムチ、にんにくをぶち込んで食します。
Pb233617
あれれ、なぜかいいちこも・・・
このあと3人ともお昼寝
良いシエスタでした
Pb233620
昼寝の後、棚瀬さんバスに乗って帰ります。
隊長とくまの悪魔のささやきにも負けずに・・・
また是非遊びましょう。
今度はカナディアンに荷物を積んでツーリングしましょう。
アウトドア度がおんなじ感じでこちらも楽しめました。
Pb233634
ではまた
ここからは暑苦しく加齢臭漂う二人の川下りです。
Pb233638
ここから先15キロほど珍しく休みなしで漕ぎました
Pb233641
この区間も素敵です。
落ち鮎の仕掛けもありましたがさすが熊野、人間が違います。
みんなやさしく声をかけてくれます。
涙腺の弱い二人は感涙の涙涙でした
Pb233644
ここでも奴らは容赦なくやってきました。
暗くなってきてようやく今夜のキャンプ地を決めました。
Pb233652
今夜も無駄に豪華な海鮮鍋とカツオのたたきでした。
Pb233649
夜は冷え込んだので水割りからお湯割りに替えてのどを潤していきました。
Pb233656
今夜もへべれけになりながら夜を過ごしました。
Pb243660
翌朝も快晴でした。
Pb243662
対岸に道路はありましたが今回も快適に過ごせました。
朝食後ギアを完璧に乾かします。
Pb243669
これをしないと次のキャンプがひどいことになります。
Pb243670
ここからゴールの志古までは目と鼻の先です。
Pb243688
二人とも名残惜しくゆったりと流れていきます。
Pb243697
最後の瀬をクリアーするとゴールが見えてきました。
Pb243709
いよいよゴールです。
Pb243716
到着!
Pb243720
ここでカヌーを畳んで車を回送します。
Pb243732
瀞流荘でお昼を食べてここでお別れ。
Pb243726
ご苦労様でした。
至極の3日間のカヌーツーリングでした。
私の日ごろの行い良すぎて三日とも快晴だったことも付け加えておきます。
来年もまたここに遊びに来たいと思います。
川でカヌー下りしたい人は長良川自然学校に遊びに来てね
参考データ
田戸~志古約25キロ
田戸へはバス、ジェット船、車でアプローチ可。
無料駐車場もあり。
田戸の下流玉置口からスタートも可。
その下流小川口もアプローチ可。
ホテルや民宿有、バスで熊野市駅まで行ける。
志古より下流も下れます。
若干瀬のグレードが上がってそうな感じです。
使用艇
棚瀬さん アルパカラフト エクスプローラー42
くまさん  エアー リンクス2
隊長    グラブナー アウトサイド

|

« 10月25,26日 川の学校 大人も参加できる川ガキキャンプ | トップページ | 1月24,25日 「川の学校」 冬の強化合宿 美濃~郡上八幡サイクリングツアー »

カヌー」カテゴリの記事

コメント

今回のツーリングは目茶苦茶飲んだねぇ~
持って行った酒はたいがい余るんやけど、綺麗さっぱりなくなり申した。

もう少し厳しい瀬があっても良かったかな?
来年はもう少し下まで下ろうか?

投稿: くま | 2014年11月29日 (土) 11時53分

いや~飲みましたね。
ようやく疲れが癒えてきました。
あれ以上下るとなるともう1日欲しいところですね。
違う季節にいきたい気もしますね。

投稿: 隊長 | 2014年12月 1日 (月) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月25,26日 川の学校 大人も参加できる川ガキキャンプ | トップページ | 1月24,25日 「川の学校」 冬の強化合宿 美濃~郡上八幡サイクリングツアー »